子供の身長を伸ばす方法を知りたい

【子供の身長を伸ばす方法】スポーツは身長が高いと有利!

子供がスポーツをやっていると、気になるのが身長です。
うちの子供はサッカーをやっていて、チーム内では身長は普通です。
まあ、全国的にも年齢の平均身長ぐらいです。

 

 

たまに、相手チームにやたらと背の高い子がいたりします。
一人ならいいのですが、複数人いると本当に脅威です。

 

サッカーは接触プレーが多いので、弾き飛ばされるのではないかと心配です。
こんな時、背が高いのは1つの武器だと感じます。

 

まだ、小学生なので、あまり気にしなくてもいいのかと思ったりしますが、
親の身長がそれほど高くないので、これから成長期に向けて身長がどれぐらい伸びるか不安です。

 

よく、中学や高校だと、身長が低いだけでレギュラーになれないとか最初からハンディーがあるような事を耳にします。
まあ、他の子供とくらべて、各段に上手ならば背もあまり関係ないかもしれませんが、
同じようなレベルだと、やはり背の高い子供の方が…

 

 

そんな事を考えながら、子供の身長を伸ばす方法はないかといろいろ調べてみました。

 

 

小学生でどれだけ身長が伸びる?

 

 

入学時は小さくてランドセルの方が大きく見えるほどですが、卒業時には大きくなっていますね
小学生の間にどれぐらい身長が伸びるのでしょうか?
個人差はすごくありますが、小学生の平均身長を調査してみました。

 

 学年 男子 女子
小学校1年生 116.5cm 115.7cm
小学校2年生 122.5cm 121.5cm
小学校3年生 128.2cm 127.3cm
小学校4年生 133.5cm 133.4cm
小学校5年生 139.0cm 140.1cm
小学校6年生 145.0cm 146.7cm

※文部科学省 学校保健統計調査 平成29年度結果概要より抜粋

 

 

あなたのお子さんは、平均身長と比べてどうですか?

 

この表をみると、男の子も女の子も1年間に平均6cmぐらい身長が伸びている事が分かります。
小学生の間に伸びる身長は、男の子で28.5cm、女の子で31cmです。

 

スポーツをやっているなら、平均身長よりも上にいきたいものですが、
子供によって、成長曲線が違うので、小学生の時に身長が平均ぐらいでも、まだ望はありますね

 

また、5年生ぐらいから女の子の方が平均身長が高くなっています。
個人差はありますが、実際に女の子の方が背の高い子が多いです

 

これは、女の子の方が早く成長期を迎えるからです。
一般的には、9歳から11歳頃が成長期のスタートと言われています。

 

でも、女の子はスタートが早いので、中学生になるとあまり身長が伸びない子も多いようです。

 

男の子の方は、一般的に中学入学前後に成長期を迎える子が多いです。
小学生の間は、大きく背が伸びるための準備期間と位置づけられるでしょう

 

 

大きく身長が伸びる成長期のことを思春期と呼ぶことがあります。
一般的にこの思春期が終わると飛躍的な身長の伸びは期待できなくなります。

 

思春期というのは、だいたい5年続くと言われており、男の子で平均25cm、女の子で平均22cm背が伸びます。
最終的な身長は、この時期をどう過ごすかがカギになります。

 

 

中学生でどれだけ身長が伸びる?

 

 

 

中学生は男女とも成長期なので、背が高くなる時期です。
小学生の時にあまり背が伸びなかった場合でも、中学でぐっと背が伸びるケースもたくさんあります。

 

では、中学生ではどれぐらい身長が伸びるのでしょうか?

 

中学生の平均身長はこんな感じです。

 

 学年 男子 女子
中学校1年生 152.8cm 151.8cm
中学校2年生 160.0cm 154.9cm
中学校3年生 165.3cm 156.5cm

※文部科学省 学校保健統計調査 平成29年度結果概要より抜粋

 

 

男子中学生では、1年生から2年生の間に平均で7cmも伸びます。
2年生から3年生では約5cmです。

 

小学生の時は1年間で平均で約6cm伸びていたので、中学1年生から2年生の間に一番身長が伸びる確率が高いです。
個々に成長曲線は違うので何とも言えませんが、この1年間は大切なポイントですね

 

 

ところで、女子はどうでしょう
小学生の5,6年の頃は、男の子より女の子の方が背が高いのですが、
中学生になると、身長の伸びが低くなります。

 

中学1年から2年の間は、平均3cmぐらい伸びるのですが、2年生から3年生の間では1.6cmしか伸びなくなります。
あくまで平均ですが、中学生でも大きく背が伸びる男子と違て、女子は中学生になるとあまり背が伸びなくなります。

 

 

 

身長はいつまで伸びるのか?

 

 

思春期の時期が第二次成長期で人生で2番目に体が成長する時期です。
体だけでなく、運動神経や自律神経などの神経系の器官も成長して完成に近づてきます。

 

第二次成長期は、一般的に女子の方が先で、早くて7歳7か月頃、平均で10歳頃から始まります。
ちょうど乳房が膨らみ始めるタイミングでスタートすることが多く、初潮を迎える時期に終わるようです。

 

 

一方男子の場合は、早くて9歳、平均で11歳6ヶ月頃がスタート時期です。
精巣が膨らみ始める頃がスタートで、声変わりが始まる時期に終わるようです。

 

 

それで、身長はいつまで伸びるのかというと、男女共に17歳〜18歳までに終わるのが一般的ですが、遅い場合は20歳を過ぎても続く人もいるみたいです。

 

具体的にいうと、骨端線が閉じると成長が止まります。
骨端線は、関節付近にあり、骨の両端部分にある骨端と骨幹との境目部分になり、成長期の子供にしかありません。
この部分にある「骨端軟骨」と呼ばれる軟膏組織が、増殖して硬い骨へと置き換わり骨が伸びていきます。

 

この骨端線が一般的に17歳〜18歳頃になくなり、骨の成長が終わってしまうために、身長が伸びなくなってしまうのです。なので、骨端線があれば、身長が伸びる可能性はあります。

 

 

 

背の伸びない原因

 

 

成長期なのに思ったよりも背が伸びないのは何か原因があるはずです。
原因は3つ

 

  • 生活習慣
  • 栄養不足
  • 遺伝

 

 

生活習慣の乱れ

 

 

まず、背が伸びない原因として考えられるのは生活習慣です。
夜更かしや受験勉強による睡眠不足や運動不足が続いている場合や、食べ物の好き嫌いが多い場合などは注意が必要です。

 

このような悪い生活習慣は身長の伸びに欠かせない成長ホルモンの分泌を妨げる可能性があります。
逆にこのような生活習慣を改善することにより、成長ホルモンの分泌を正常化させることができ、背が伸びる条件を整えることができるでしょう

 

 

成長期である中学生の時に、身長があまり伸びない状態が続くと心理的な面でストレスになります。
これから身長が伸びるのか小さいままなのか悩んでいる中学生も多いでしょう

 

背に関する悩みがストレスになってしまうこともあるので、成長期の時期は意識して生活習慣を整えることが大切です。

 

 

 

栄養不足

 

 

栄養不足も背が伸びない原因の1つと言われています。

 

成長期である中学生は多くの栄養素が必要になってきますが、
朝は食欲がないとか寝坊して食べる時間がないとかで朝食を食べずに学校に行く中学生も増えてきているようです。

 

また、女子ならダイエットのために食事を制限している子もいるでしょう

 

しかし、1日3食は健康の基本なので、朝はどんなに忙しくても食欲がなくても朝食はとるべきでしょう
朝食がとれる生活習慣することが大切です。

 

朝食を抜くと身長が伸びないだけでなく、学習面や体力面にも影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。

 

また、間食でお菓子を沢山食べて、お腹いっぱいになって、食事が十分とれないというのも要注意です。
お菓子には、子供の成長に必要な栄養素はほとんど含まれていないので、必要な栄養素がとれなくなってしまいます。

 

 

遺伝の影響

 

一般的に身長の高さは、遺伝だと言われています。
親が背が高ければ、子供も高い子が多いのは事実です。

 

背の高いスポーツ選手の親は、ほとんどの人が平均身長より背が高いのが普通です。

 

ちなみに、遺伝的要素から「子供の身長予測」の公式があるそうです。

 

男子:(両親の身長の合計 + 13)÷ 2 + 2
女子:(両親の身長の合計 - 13)÷ 2 + 2

 

 

でも、あきらめる事はありません。
遺伝が身長に与える影響は20〜25%しかないそうです。

 

他にも身長を高くする要素があるようです。

 

 

身長の高さは、遺伝だけではないと分かりましたが、他の要素はいったい何でしょうか?
それは、「睡眠」、「運動」そして「栄養」です。

 

その中でポイントとなるのは、「栄養」です。

 

その理由は、10歳の平均身長の推移です。
昭和30年(1955年)の男子平均身長が129.6cmで女子が129.5cmで、
平成26年(2014年)の男子平均身長が138.9cmで女子が140.1です。

 

平均身長で10cmぐらい高くなっています。
これは、食生活の欧米化が進み、平均身長が10cmぐらい伸びたといえます。
戦後に比べて、だんだん栄養がとれるようになってきたからでしょう!

 

 

なので、栄養が重要です。
もちろん、睡眠も運動も大切な要素の1つです。

 

 

 

 

子供の成長の為の3大要素

 

 

 

子供の背の高さは、遺伝でけではなく、睡眠、運動、栄養が大切だという事がわかりました。
そこで、この3大要素について調べてみました。

 

 

睡眠と成長

 

 

ちょうど成長期のこの時期は、、夜更かしをしたり、受験勉強などで睡眠不足になりがちです。
だけど、睡眠は子供が順調に大きくなるために必要な3大要素の1つですので、「睡眠」について調べてみました。

 

 

 

成長ホルモンと睡眠の関係

 

 

昔から「寝る子は育つ」と言われていますが、本当に成長と睡眠には密接な関係があるようです。
身長が伸びるという事は、骨が伸びるとということで、骨端線付近に存在する骨芽細胞の働きによるものです。

 

この骨芽細胞の働きを促すのが成長ホルモンで、眠っている間に最も多く分泌されると言われています。
なので、きちんと睡眠をとることは子供の成長にとってとても大切な事になります。

 

 

とはいっても、統計的に見ると、日本人は欧米に比べて平均的な睡眠時間が短いので、
日本人の平均身長が世界的に見て低いのは、この睡眠時間の短さにあるのではないかと言われています。

 

ただ、体を休めるために睡眠時間を取ればいいというものではありません。
成長期の体にとって、必要なのは質の良い睡眠をしっかりと確保することなのです。

 

 

 

成長に必要な「睡眠の質」

 

 

睡眠の質って一体何なんでしょうね?

 

睡眠には、浅いの眠りの「レム睡眠」と、それより深い眠りの「ノンレム睡眠」の2種類があり、それぞれに役割があります。

 

レム睡眠は、夢を見る時間帯として有名ですが、これは記憶を整理するという働きによるものみたいです。
レム睡眠の時間帯は、前日に学習したことを整理して理解や記憶に残したり、運動中のイメージを整理することにより上達したりと、
成長期の子供にはとても大切なことです。

 

そして、体の成長でより重要なのが「ノンレム睡眠」です。
なぜなら、この時間帯に成長ホルモンが分泌されるからです。

 

「レム睡眠」よりも深い眠りなのが「ノンレム睡眠」なのですが、実はその深さも段階があります。
その中で、眠り始めてから3時間くらいの間に訪れるのが最も深い眠りで、その時間に多くの成長ホルモンが分泌されます。

 

言い換えれば、この時間に眠りが浅いと成長ホルモンが十分に分泌されないという事になります。

 

したがって、眠りの深い睡眠をとれているかどうかが成長のための大きなポイントになります。
睡眠時間だけでなく、眠りの「質」にも注意し、ぐっすりと深く眠ることが、成長のためには必要になってきます。

 

では、睡眠の質を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

睡眠の「質」を上げるには?

 

 

睡眠の質とは、どうやらぐっすりと深く眠ることようです。
そのためのポイントは、自律神経の働きを理解してリラックスした状態をつくることです。

 

難しくなってきましたが、交感神経と副交感神経は、どこかで聞いたことがあるでしょう
交換神経は、緊張を感じている時に働き、副交感神経はリラックスしている時に働きます。
要するに、昼間起きて活動している時は、交換神経がメインで働き、夜寝ている時は、副交感神経がメインで働くということになります。

 

私たちが普段意識しないで呼吸や体温調整ができるのは、それらをコントロールしている自律神経の働きによるものです。

 

なので、本来昼間の活動時に必要な交換神経が夜に働くと、体は疲れているんだけど目が冴えて眠れなかったり、
眠りが浅くて十分に休めなかったりという事が起こります。

 

したがって、副交感神経の働きを促し、心身をリラックスさせることが質の良い睡眠へとつながります。

 

では、具体的に何をすればいいのでしょうか?

 

 

(1)寝る前に脳に刺激を与えないこと

 

・寝る直前にテレビやスマホなどの画面を見ない
・夕方の遅い時間や夜に運動をしない

 

 

(2)寝る前に血糖値を上げない

 

・夕食やおやつは寝る2時間前までにとること

 

 

(3)寝る前に1度体温を上げる(下がって行く時に副交感神経が働きます)

 

・寝る1時間前くらいに入浴する
・シャワーだけで済ませずに湯船にゆっくり浸かる

 

 

 

できる事とできない事があると思いますが、なるべく睡眠の質を上げることを意識しながら、
お子さんのフォローをしてあげてください。

 

 

 

 

運動と成長

 

 

次に運動です。
子供の成長に必要な3大要素と考えらていますが、
成長期にスポーツをやっていなくても背が高い子供はいるので、ここでいう運動は適度に体を動かくことだと考えた方がいいでしょう
友達と鬼ごっこをして遊んだり、とにかく体を使って遊ぶことですね

 

 

 

適度な運動が成長を促す

 

睡眠と同じく体を動かすことも、骨や体の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌を促してくれます。
運動をすれば、お腹もすくので食事もたくさん食べて、栄養素を摂取しやすくなるという面でも大切ですね

 

また、運動した事による適度な疲労は質の良い睡眠にも影響してきます。
このように、「適度な運動」は3大要素の他の2つである「睡眠」「食事」と密に関わり合っており、
成長のための重要な役割となっています。

 

 

 

成長に有効な運動って何?

 

 

子供の成長のために必要なのが運動です。
とはいっても、運動をするのは身長の為だけではなく、
怪我や病気になりにくい元気な体づくをまずは心掛けたいものですね

 

全身を使って伸び伸びと体を動かすことは、どんなスポーツでも子供にはプラスになります。

 

外で遊ぶのが好きでないからと部屋の中にばかりいると体を動かす機会が減り、運動に対する苦手意識が強くなってしまいます。
少しぐらい運動が苦手でも、子供は大人よりずっと吸収が早いく、動けば動くほど上達します。

 

特にスポーツなどする必要はないので、外で遊び、体を動かす楽しさや気持ち良さを経験させてあげてください。

 

 

成長に良いと考えられている動きとしては、骨に適度な刺激を与える動きで、
例えば、走ったり飛んだりする動きや、全身運動ができる水泳などです。

 

こう考えると、何でもいいのでスポーツをやっていればいいのかと思います。
ただし、何事もやり過ぎは禁物なので、無理して運動で背を伸ばそうとしても逆効果になる可能性もあります。

 

また、直接背を伸ばすことには直結しませんが、背筋を伸ばして姿勢を正すことは健康のためにも成長のためにも有効です。
す。
姿勢がいいと背も高く見えますよね

 

 

 

成長期にやってはいけない運動はあるのか?

 

 

成長期には必要な運動ですが、場合によっては効果がないばかりか逆効果になることもあります。

 

(1)過度な運動

 

成長期において、特定のスポーツに偏ってしまうのは避けた方がいいかもしれません。
決まった競技ばかいを練習してその競技特有の動きだけを身につけるより、色々な動きを習得していく方が重要です。

 

小学生の高学年から中学生では、どうしても特定のスポーツに偏ってしまいますね
中学生で部活をしていれば得にその傾向は強いでしょう

 

できれば、複数のスポーツをやっていた方がいいというだけですね

 

 

ただ、一番重要なポイントは、翌朝にまで疲労が残るような負荷の高い運動は禁物ということです。
エネルギーを使いすぎるとことは、それだけ大量に栄養素を消費していることです。
体の成長に大切な栄養素が不足し成長の妨げにもなります。

 

例えば、軽いジョギングは骨への刺激にもなりますが、長距離マラソンはエネルギー消費が激しいのでおススメはできません。

 

 

 

(2)成長過程に合っていない運動

 

大人にとっては有効な運動も、子供にとっては逆効果になる場合もあるので注意が必要です。
なぜなら、成長期の子供の体はまだ全体的に発達途中で、器官によって発達の時期もまちまちだからです。

 

前述したように、成長期の子供の骨は骨端が軟骨の状態になっていて、そこから身長が伸びています。
強い負荷をかけるウエイトトレーニングや継続的に激しい運動をすることによって、骨端軟骨を損傷させてしまうと、
本来伸びるはずの身長が十分に伸びなくなってしまう可能性が出てきます。

 

 

成長期に大切な運動ですが、やり過ぎは禁物です。
野球チームやサッカーチームに入っていたり、部活などでスポーツをやっていると、
やり過ぎてしまう事もあると思いますが、疲れている時は無理をせずに休息をした方がいいでしょう

 

休むのも練習のうちという事を忘れないで欲しいですね

 

 

 

食事と成長

 

 

最後に食事です。
3大要素の中で一番大切な要素です。

 

 

成長に必要な食事と栄養素

 

 

調査によると、朝食を食べない事がある小学生や中学生がいるようです。
全ての小中学生が朝食を食べてくるという事もないので、何人かの割合でいることは事実でしょう

 

ただ、体がどんどん大きくなっている成長期は、体づくりの元となる栄養は何よりも大切です。
なので、元気な毎日を過ごすためにも、3度の食事をしっかりと食べたいものです。

 

 

大人にも朝食を食べる派や食べない派がいますが、成長期にある子供にとって朝の食事は大切です。
寝ている間にもエネルギーは消費するので、たくさんのエネルギーが必要な成長期の子供は、
しかりと朝食でエネルギーを補給するように心がけましょう

 

朝食を食べる子供の方が、食べない子供よりも学校の成績が良く、肥満も少ないという統計結果もあるようです。
このような統計結果もあるので、成長期の子供とは限らず、学校で勉強している間はしっかりと朝食を食べさせて学校に送り出したいものです。

 

成長期の子供にとって3度の食事が大切ですが、栄養素が偏り過ぎてもいけません。
カルシウム、マグネシウム、タンパク質、ビタミン、ミネラルと様々な栄養素をバランスよく摂ることが大切です。
ちょっと難しいかもしれませんね

 

 

骨の成長にはカルシウムだけじゃダメ?

 

 

昔から背を伸ばすためには牛乳を飲めと言われてきましたが、それは牛乳=カルシウムという考えがあるからです。
だけど、カルシウムは骨の材料となる栄養素で、骨を丈夫にしますが、骨を伸ばす働きはしません。
なので、牛乳をたくさん飲んでも、それだけで背が伸びることはありません。

 

また、カルシウムを吸収して骨に定着させるにはマグネシウムが必要になります。
マグネシウムは、昆布やひじき、海苔なおdの海藻類や、ゴマやアーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。
昔は、マグネシウムが足りていたので、牛乳を飲むことが推奨されてきましたが、食習慣の西洋化が進んだ今では、
マグネシウムが不足がちになっているようです。

 

 

カルシウムとマグネシウムの理想的なバランスがあるそうです。
そのバランスは2:1です。
マグネシウムは骨を強くするために必要なだけでなく、緊張をほぐすなど多くの働きがあります。
成長期の子供はもちろん、大人にとっても欠かせない大切な栄養素です。

 

 

 

骨の成長とタンパク質

 

 

カルシウムは、骨を丈夫にする栄養素ですが、「骨を伸ばす」のはタンパク質です。
タンパク質は、筋肉や血液などを作るだけでなく、前述したように骨端軟骨で骨芽細胞が新しい骨を作り出すための材料としても、
タンパク質から作り出されるコラーゲンが使われています。

 

タンパク質が豊富に含まれているのは肉や魚、大豆などの豆類です。
肉類はタンパク質と一緒に飽和脂肪酸が含まれているので、摂りすぎると肥満につながってしまいます。
肥満になると身長が伸びる妨げとなるので、肉だけでなく魚や豆類と合わせてバランス良く摂ることが大切です。

 

 

 

カルシウムとビタミンD

 

骨を強くして伸ばすためにはカルシウムとマグネシウム、タンパク質が重要ですが、
その他にも、成長のためにはいろいろな栄養素が必要になります。

 

カルシウムを骨に定着させるためにはマグネシウムが必須と前述しましたが、それに加えてビタミンDも必要です。
ビタミンDは、体に吸収しにくいカルシウムの吸収率を高める働きをします。
また、カルシウムが体外に排泄されるのを防いだり、骨端軟骨における骨代謝のバランスを整えてくれる働きもあります。

 

ビタミンDは、青魚やこのこ類に多く含まれています。

 

 

魚はビタミンDだけでなく、タンパク質も摂取できるので成長期の子供には魚はいいですね
その他にも、子供には、コレステロールの心配は不要だと思いますが、青魚は血中の善玉コレステロールを増やして、
悪玉コレステロールを減少させると言われるオメガ3系の脂肪酸が含まれています。

 

 

これらの脂肪酸には、脳や目に良いと言われているDHAや、血液の粘度を下げる働きがあるとされるEPAなども含まれます。

 

 

また、ビタミンDは、太陽の光を浴びることで体内で作ることができるので、日光の下での運動は子供の成長にも大切です。
直接日光に当たらない日陰でもビタミンDを作ることができるので、外出する機会を増やせはいいことになります。

 

 

 

ビタミンB群とアミノ酸

 

 

ビタミンB群は、体に摂り込んだ栄養素をエネルギーに変えるための重要な役割をもっており、
ビタミンB6は、タンパク質をエネルギーに変える役目があります。

 

体に摂り込まれたタンパク質は、体内でアミノ酸になることでエネルギーとして使われます。
また、アミノ酸にはさまざまな種類があり、それぞれ異なる働きをもっています。

 

 

なので、ビタミンB6が不足すると、タンパク質をエネルギーとして利用できなくなります。
そして、アミノ酸の中には、身長を伸ばすために必要な、成長ホルモンの分泌を助ける成分があります。

 

その中でも代表格がアルギニンです。
食品からもとまった量を摂取するのが難しい栄養素なのですが、大豆や肉、魚などに含まれています。
アルギニンは、免疫細胞を活性化させ、免疫力を向上したりキズの治りを早くさせるなどの作用を持つと言われています。

 

 

 

成長期のための食事と栄養

 

 

成長期の体をつくるためにはたくさんの栄養素が必要になります。
カルシウムやタンパク質だけでなく、それらを効率良く働いてもらうための他の栄養素も一緒に摂ることが大切です。

 

そのためには、特定の食べ物に偏らず、いろいろな種類のものをバランス良く食べることが重要です。

 

とは言え、食事で十分な栄養素を摂取するのは難しいです。
共働きの家庭が多く、バランスのとれた栄養たっぷりの食事を作るのもとても大変なことです。
一生懸命に作っても、子供は好き嫌いが多く、せっかく作ったのに食べてくれないという場合もあるでしょう!

 

なので、こんな時はサプリメントの力を借りるといいですよ
サプリメントで不足している栄養素を補うことで、バランスのとれた栄養を摂ることができます。

 

ただ、サプリメントも特定の栄養素だけを抽出したものを使い続けると栄養が偏りがちになってしまうので、
子供の成長期には、栄養のバランスのとれたサプリメントを利用するのがいいでしょう

 

今は、栄養のバランスのとれた、子供の成長のためのサプリメントもたくさんあるので、
子供の好き嫌いなどを考慮して、サプリメントを選ぶといいですよ

 

結果はどうなるか分かりませんが、何もしないよりはいいと思うので、とらあえず試してみるといいですね
背が高くなれば、どんなスポーツでも有利になりますからね

 

 

 

 

 

おススメの栄養補助食品、サプリメントはこちら

 

 

あなたのお子さんが背が周りの子供より小さく、好き嫌いが多かったり、お菓子ばかり食べたり、ご飯を食べる量がすくない場合には、
成長に必要な栄養素をきんと摂れていない可能性もあるので、栄養補助食品で不足している栄養を補いましょう!
30日間の返金保証がついています。

 

 

 

27品目アレルゲンフリー!贅沢のびるんるん

 

特定原材料7品目をはじめとする27品目のアレルギー成分を一切使用してないので、
子供のアレルギーが心配な方でも、贅沢のびるんるんで成長期をサポートできます。

 

 

 

定期購入価格 初回500円 2回目以降3,480円
定期購入条件 3回以上の継続が必要
主な栄養素 カルシウム、ビタミンD、アルギニン
おすすめポイント 27品目アレルゲンフリー

 

 

 

 

 

 

コスパなら!ノビルン

 

おいしいタブレットで味が、ラムネ、チョコ、ぶどう、パインと豊富!
ポーンペップ(ペプチドたんぱく質)の含有量が300mgと多いです
ノビルンはコスパがいい!

 

 

 

定期購入価格 初回1,980円 2回目以降2,980円
定期購入条件 3回以上の継続が必要
主な栄養素 ポーンペップ、カルシウム、マグネシウム
おすすめポイント ポーンペップ300mg

 

 

 

 

 

 

アミノ酸が豊富!フィジカルB

 

水にとかすスポーツドリンクタイプの成長期サポート飲料!
9種類のアミノ酸を配合!
27品目アレルゲンフリーなので、アレルギーが心配なお子さんでも飲むことができます。
30日間の返金保証がついています。

 

 

定期購入価格 初回4,980円 2回目以降4,980円
定期購入条件 1回で解約可能
主な栄養素 アルギニン、スピルリナ、カルシウム
おすすめポイント 9種類のアミノ酸を配合!

 

 

 

 

 

アルギニンがスゴイ!Dr.Senobiru

 

 

 

業界最高水準のアルギニン5,000mgを配合!
アンチ・ドーピング認証の「インフォームドチョイス」を取得
これは、成長期サプリメント業界初!
オリンピックや世界選手権を目指す、トップアスリートも安心して飲むことができます。

 

90日間の全額返金保証がついています。

 

 

 

定期購入価格 初回4,980円 2回目以降9,800円
定期購入条件 3回以上の継続が必要
主な栄養素 アルギニン、スピルリナ、α-GPC
おすすめポイント アルギニン5,000mg

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

一般的に背の高さは遺伝だと信じられていますが、その影響は3割程度!
残りは、「睡眠」「運動」「栄養」で決まってきます。

 

なかでも「栄養」がポイントです。
栄養のバランスのとれた食事をするのがとても効果的ですが、毎日そんな食事をつくることは現実的には無理です。
せっかく作ったとしても、子供が好き嫌いが多いととても大変です。

 

そんな時には、サプリメントを利用して、栄養のバランスを整えましょう!

 

サプリメントもいろいろな種類があるので、自分のお子さんに合ったものを選んで、
成長期にぐうんと背が伸びるようにベストをつくしましょう!

 


このページの先頭へ戻る